読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NISAでウハウハ 初めての株式投資

2014年1月、NISA(少額投資非課税制度)スタート。NISAの仕組みを解説し、最適な運用の仕方を研究しつつ、楽しい株式投資ライフを実況していきます。

日本株で儲けるのは難しいが・・・。

まあ、これを言っちゃあお終いですが、日本株は順調に上がっていくイメージがないですね。海外の不安要因で右往左往するし、外国為替が円高に進むと大きく上下しますから。では日本株でなければどこに投資するのがベストか。それはもちろん米国株です。今までほぼ一貫して右肩上がりだし、リーマンショック級の大不況が来ても、日本とは違い1〜2年で持ち直しました。そしてこれからも上がっていくことが予想できます。この辺は『広瀬隆雄さん』のレポートを見ていくととても参考になります。

 

じゃあ、なぜ私たちは日本株に投資しているか。それは日本を応援しているからに他なりません。単に自分の資産形成だけなら日本株以外にも色々あるでしょう。しかし、やはり自分たちの国は自分たちで支えなきゃ、未来なんてないと思うのです。

 

正直言って、日本株は儲かりにくいと思います。ここ30年間で、①1980年代後半のバブル崩壊、②2000年頃のITバブル崩壊、③2007〜8年のリーマンショックと3回の大暴落があり、その度に安値を更新するという世界的に不名誉な記録を打ち立ててしまいました。そんな中、アベノミクス3本の矢はまさに「この道しかない」という覚悟で進んでいる気迫を感じます。

 

見通しとしては、2019年に消費税が10%に引き上げられる直前まで日本株は緩やかに上昇するのではないでしょうか。それも単調に上がるのではなく、海外の情勢不安を引き金とする3〜4回の暴落を経て、日経平均3万円くらいまで上昇するだろうとみています。逆にその暴落が押し目買いのチャンスです。